2016年春夏の新色ヘアカラー、フレンチモーヴアッシュを試した。モデルは産休中のスエさんです。

「スポンサーリンク」
2016-219

産休中のスエさんがヘアカラーをやりに、ウプスへ来てくれました。

1月18日の出産以来なので、久しぶりです。久しぶりって言ってもひと月なんですがねww

 

そんな、久しぶりのスエさんですが3月に友達の結婚式があるそうでその為のカラーリングに今日は来てくれました。

チョイスしたヘアカラーは、もちろん新色のフレンチラインシリーズ

先日のブログでもちょっとご紹介しましたね。

2016年春夏の新色ヘアカラーが入りました!

 

今回は、フレンチラインシリーズの中から7番のフレンチモーヴアッシュを選びました。

2016-219-4

スエさんの髪は、皆さん知っての通り自分と同様にキンパツです。ほらっ!!

2016-219

なので、暗めの7番でも十分明るく色が入るので7番を選びました。

髪色が黒い方や染まりにくい方は9番ぐらいがちょうどいいかと。

では、カラーリングしていきましょう。

 

髪を上下で分けてカラーリング

今回もデザインカラーがご希望のスエさんなので、耳のラインから上下に分けてカラーリングします。

耳下の髪にはブリーチ剤を塗布してキンパツにカラーリング。

ほんと、キンパツが好きですね~(笑)って自分もや!!

2016-219-2

ブリーチは乾きやすいので、手早く塗布するのが大事で息もしないで一気に塗布していきます。

そして、耳より上の髪には7番のフレンチモーヴアッシュを入れていきます。

根元の髪をリタッチしながら、どんどんカラーリング。

2016-219-5

 

根元の塗布が終わったら毛先にもカラー剤を塗布していきます。

下のブリーチの部分に、上のカラー剤が付かないようにラップして保護して上の髪を毛先までカラーリング。

2016-219-3

全部、塗布し終わったらたっぷり30分ぐらいしっかり色を入れます。↓これです。

きれいなヘアカラーは正しい放置時間がキモ!ヘアカラーの発色と時間の関係。

 

30分放置後、色をチェックしてOKならシャンプー&トリートメントできれいに洗い上げます。

 

カラーリング後、ちょっとカットして整えて終了です。

おー、きれいなアッシュになりましたね。

2016-219-6

ブリーチ毛なので、フレンチモーヴアッシュの色がきれいに出ています。

赤味がまったくない、これがアッシュという色味ですね。

 

2016-219-7

 

外の自然光で撮ってみました。

内側がキンパツでトップがアッシュって、決まり過ぎやろ(笑)

 

新色のフレンチラインシリーズは、ご覧の様に赤味がまったくないアッシュ色が表現出来そうです。

黒髪にカラーリングすると、じゃっかん色味が違う風に見えると思いますが、カラーリングで赤味の出るお客様にはオススメの色の様です。

参考までに。。

 

「スポンサーリンク」

あわせて読みたい

シェアよろしくお願いします!

”ご予約はこちらから”

ご予約はこちらのボタンから。電話、ウェブ予約、LINEからご予約いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

美容室ウプス店長で、美容やパソコン、ドライブ、京都や大阪、スタ―バックスが大好きな石川県小松市在住の美容師で「Oops!」という美容室をやっています。 あちこち出かけたりしてブログなど書いてます。よろしくお願いします!