毛乳頭細胞で毛を再生する。

「スポンサーリンク」
10-23

 

昨日のヤフーニュースで、気になる記事を発見。

これが本当ならスゴイかも・・・

 

以下、ヤフーニュースから引用

 

毛髪を生み出す組織「毛包」の形成に主要な役割を果たす毛乳頭細胞を成人男性の脱毛症患者の後頭部から採取し、試験管内で立体的に培養した後でヒト皮膚組織に移植したところ毛が生えたと、米コロンビア大と英ダラム大の研究チームが発表した。論文は22日以降に米科学アカデミー紀要電子版に掲載される。

日本では東京理科大の辻孝教授らが昨年4月、毛乳頭細胞と毛包上皮の幹細胞を組み合わせて立体的に培養する方法で、毛包再生に成功したと発表した。コロンビア大などのチームは、毛乳頭細胞だけでも培養方法を工夫すれば毛包を再生でき、近い将来に臨床試験を始められる可能性があると説明している。

 

という記事。

 

簡単にいうと、

 

毛乳頭細胞を人の頭から取り出して、試験管で培養。
それを、人の皮膚組織に植えつけたら毛が生えたと
言うもの。

 

毛乳頭細胞は、髪を生み出す細胞で薄毛の人は
この細胞の働きが通常より弱いとか通常より早く
終わってしまうのが原因と言われています。

それを、人工的に細胞を培養して働くようにしてから
もう一度人に戻すという事が現実味をおびて来た様です。

 

近い将来、フサフサにすることが出来る時代が
くるかも・・・

 

「スポンサーリンク」

あわせて読みたい

シェアよろしくお願いします!

”ご予約はこちらから”

ご予約はこちらのボタンから。電話、ウェブ予約、LINEからご予約いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です