縮毛矯正は根元だけのリタッチストレートも出来るんですよ。

「スポンサーリンク」
2014-711

こんにちは、美容室ウプスです。いつもありがとうございます。

縮毛矯正に力を入れているウプスなんですが、縮毛矯正に関するご質問をいろいろいただいています。

その中で、「リタッチ・ストレート」についてのおたずねが割とあるので今日はそこらへんのお話をしていこうと思います。

 

リタッチ・ストレート

リタッチ・ストレートというのは、

 

「リタッチ=根元の部分」

 

のみを、ピンポイントで縮毛矯正するメニューになります。

ヘアカラーで、リタッチ・カラーというのがあります。根元の伸びた根元の部分だけを染めるテクニックで、それを縮毛矯正に応用した技術です。

 

リタッチ・ストレートのメリット

リタッチ・ストレートのメリットは、根元だけをピンポイントで縮毛矯正するので、毛先や中間部分などには薬剤を塗布しません。

その為、薬剤の影響が根元以外の髪には無いので髪にやさしい縮毛矯正だと言えます。

その他に、根元だけを縮毛矯正するので時間もある程度圧縮できるので時間短縮につながります。

ただ、劇的に時間が短縮されるかというとそういうわけでもなく、15分~20分程度の短縮だと考えています。

 

リタッチ・ストレートのデメリット

いい事がある反面、デメリットもあります。

それは、根元だけの縮毛矯正なので中間から毛先の髪は多少のクセやうねりが残る事があります。

髪の状態にもよりますが、以前、縮毛矯正をしてから当然3ヶ月や半年ほど時間が経過しているわけでクセが戻っている可能性もあります。

 

その他に、髪をカッと出来ないという事があります。

少しのカットなら大丈夫ですが、5cmや10cmぐらいカットしたい場合はちょっと具合が悪いです。

それだけカットしてしまうと、髪に軽さが出てクセの戻りが早くなるからです。

なので、リタッチ・ストレートの場合は髪は整えるぐらいのカットがいいと思います。

 

まとめ

こういう感じで、メリット&デメリットがあるリタッチ・ストレートなのですがリタッチ・ストレートに適する場合はこういう時です。

 

前回の縮毛矯正からまだ日があまりたっていない時

クセの戻りがほとんどなく、中間から毛先の髪は落ち着いている

髪の傷みが気になる

髪のカットは揃えるぐらいでいい

 

こういう条件であれば、根元だけの縮毛矯正もいいかなと思います。

 

根元だけの縮毛矯正にしても、全体にする場合でも担当美容師さんと良く相談して行うと良いです。

 

ご予約お問い合わせはこちらまでお願いします。

■石川県小松市今江町2-626-3

電話:0761-22-5253

パソコン・スマートフォンでのご予約

美容室ウプスへのお問い合わせ

■営業時間 9:00~19:00

■定休日 毎週月曜日・第1火曜日・第3日曜日

 

「スポンサーリンク」

あわせて読みたい

シェアよろしくお願いします!

”ご予約はこちらから”

ご予約はこちらのボタンから。電話、ウェブ予約、LINEからご予約いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

美容室ウプス店長で、美容やパソコン、ドライブ、京都や大阪、スタ―バックスが大好きな石川県小松市在住の美容師で「Oops!」という美容室をやっています。 あちこち出かけたりしてブログなど書いてます。よろしくお願いします!