アッシュカラーにするメリットは?直球の質問をいただきました。

「スポンサーリンク」
2016-826-3

こんばんわ、美容室ウプスいすです。

先日いらした男性のお客様。

カットとヘアカラーをさせていただいたのですが、ヘアカラーの色を決める時にカラー見本を見ながら

「アッシュって流行りだと聞いたんですが、そもそもアッシュにするとどんないいことがあるの?」ってど直球な質問をいただきました。

 

このブログでも、アッシュカラーが人気なんですよって何度も書いているのですが、アッシュカラーのメリットについて書いてみます。

 

アッシュカラーはどんな色?

 

アッシュっていう意味なんですが、髪に関しての日本語訳だと「灰色」っていう色の事を指して「アッシュ」という様です。

紙や物を燃やした時の「灰」の色が純粋なアッシュっていう人もいます。

 

下の写真は、アッシュ系カラー剤の色見本ですが写真向かって左側のグレーっぽい色がこのカラー剤の原色になります。

2016-219-9

 

原色ではこんなグレーっぽい色をしているわけです。

で、この原色を白髪やブリーチした髪に染めるとこんな感じのグレーっぽい色味になるのですが、普通の人は黒髪にカラーしますよね。

そうすると右側の色の様にブラウンに落ち着くわけです。

 

ブラウンでも普通のブラウンとだいぶ違います。

さっき、上でブラウンに落ち着くって書いたのですが、普通のブラウンと当然違っていて「アッシュのブラウン」になるんです。

 

ややこしいですね。。。

 

普通、ブラウンって言うと赤味の強いブラウンが普通のブラウンなんですよ。

よく「栗毛色」って言いませんか?

栗の色を思い出してみてください。

 

2016-0922

ほら、結構赤味を帯びた茶色ではないですか?

日本人の髪の色は黒っぽく見えるのですが、実は濃い赤茶色なんですよ。

赤味が強いのが日本人の髪の特徴で、その影響でブラウンに普通にカラーリングすると赤味の強いブラウンになるってわけです。

上の栗の様に、赤味の強いブラウン色になるので「栗毛色」なんていわれる様になったようですよ。

 

アッシュカラーにするメリット

 

で、ここからが今日のお話になるのですが「アッシュカラーにするメリット」です。

赤味が強く出るブラウンも実はとてもきれいで、色としては自分も好きな色です。

特に、秋や冬の寒い時期は赤味の帯びたブラウンはあったかく感じる色なので好感が持てます。

 

ところが、好みの問題で赤味の強いブラウンが好きではない方もいらっしゃいます。

そんな方には、アッシュカラーでカラーリングをするっていうのが昔からの掟の様なものなんです。

 

何故か?

 

アッシュ(灰色)が赤味を打ち消して赤く色が出るのを抑える効果があるからなんです。

不思議ですね。色って。

2016-0830-3 kodawari1 2016-219-7

 

今では男性もいろんな色でカラーリングする時代になったのですが、一昔前では男性のカラーって言えば「アッシュ」と決まっていました。

男性が栗毛色になるとまずいよねって事で、男性=アッシュと昔は決まっていました。

 

それが、時代がめぐり女性の中にも赤味のないアッシュっていいよねって声が多くなって、今の大流行になったという感じです。

 

まとめ

 

この様に、アッシュにするメリットは「赤味のないカラーが出来る」というのがアッシュを選ぶ意味です。

アッシュも今ではいろんなアッシュがあって、昔みたいに一色ではありません。

 

  • アッシュベージュ
  • アッシュマット
  • アッシュブルー

など、いっぱいアッシュ色があるのが今です。

 

自分流のアッシュを探してみるのも面白いですね。

では、また。

 

「スポンサーリンク」

あわせて読みたい

シェアよろしくお願いします!

”ご予約はこちらから”

ご予約はこちらのボタンから。電話、ウェブ予約、LINEからご予約いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

美容室ウプス店長で、美容やパソコン、ドライブ、京都や大阪、スタ―バックスが大好きな石川県小松市在住の美容師で「Oops!」という美容室をやっています。
あちこち出かけたりしてブログなど書いてます。よろしくお願いします!