リタッチカラーからフルカラーへ時代は流れているかも。

「スポンサーリンク」

前回のエントリーでは「リタッチカラーって何?」という事を書いてきました。

でも、ウプスではリタッチカラーからフルカラーへ移行しております。ケースバイケースなのですが割合としては、フルカラーが大半な状態となっています。

それは何故かと言う所を今日はお話していこうと思います。

フルカラーとは?

その前にフルカラーについてお話させて下さい。

フルカラーとは、下の図の様に根元から毛先までカラーリングをすることです。

2014-1126gif2

前回のリタッチカラーとは正反対なカラーリングで、髪の毛全体にカラーをしていきます。

 

そうする事で

  • 根元から毛先まで色がきれいに入る
  • 色がきれいに入る事で髪の色つやが格段に向上する
  • 毛先に色が入る事で、髪自体が落ち着く

などのメリットがあるんです。

 

どうして髪全体に色が入ると髪は落ち着くのか?

通常、ヘアカラーをして1ヶ月や2ヶ月もたってくると「退色」と言って髪の毛からカラーが抜けていってしまいます。

それは、何も特別な事をするわけでもなく普通にシャンプーしたりドライヤーしたり紫外線に当たったり、普通の生活を送っていれば誰の髪でも退色して色が抜けていくもんなんです。

 

なので、カラーリングをした直後の髪の毛と数か月たった髪の毛とでは、毛先がだんだん明るくなって来てこんなカラーやったっけ?という事になります。

特に毛先の髪は、色が抜けやすく色が抜ける事でふわっと軽くなりその結果「髪が落ち着かない」とか「なんとなく膨らむ」という事が出て来ます。

損傷も毛先からしてくるので、この状態をほって置くと枝毛やパサツキなどになってくるわけです。

 

そんな髪の状態の時に、根元を染めるリタッチだけをしたらどうでしょうか?

根元の色はきれいになっても、色が抜けた毛先や中間部分はそのまま。さらに色抜けが進んで、知らない間にキンキンな色になっていた・・・

なんて経験はないですか?

 

そこで、フルカラーという考え方に変わっていったんですね。

フルカラーで根元の髪を染めるのはもちろん、退色した毛先や中間にも色をしっかり入れて抜けた色を補充して髪を元の状態に戻そうという考え方が出て来ました。

色を毛先にもしっかり入れる事で、重みも出ます。そして、色もきれいに戻るのでツヤも出ます。

 

さらに、まじめな日本人はすごい事を考えました。

毛先の色は色だけが必要なわけで、極力変な薬剤はみんな抜いてしまおうと考えました。つまり、普通の根元用のカラー剤に入っている薬品とは違う薬剤で毛先用のカラー剤を作ってしまいました。

トリートメント配合の毛先専用のカラー剤の登場です。つまり、根元のカラー剤と毛先のカラー剤は違う物を使って塗り分けてフルカラーへと移っていきました。

2014-1128a

こういう事がここ数年の間にあって、ウプスでは数年前からリタッチカラーからフルカラーへと変わっていったんです。

ご家庭では、塗り分けなんてことは出来ないので美容室ならではのカラーリング方法として今ではウプスの主流になっています。

 

もちろん、お客様のご希望もあるのでリタッチカラーもおこなっていますよ。

 

まとめ

リタッチカラーからフルカラーへと、少なくともウプスでは移っています。

その方が、髪にとっていいからで

  • 根元から毛先まで色がきれいに入る
  • 色がきれいに入る事で髪の色つやが格段に向上する
  • 毛先に色が入る事で、髪自体が落ち着く

などのメリットがあるからです。

 

根元と毛先でカラー剤を使い分ける事で、髪の負担も最小限に抑えられるのでおすすめです。

 

オシャレ染めでも白髪染めでも、そういう感じでやっています。

では。。

 

ご予約お問い合わせはこちらまでお願いします。

■石川県小松市今江町2-626-3

電話:0761-22-5253

パソコン・スマートフォンでのご予約

美容室ウプスへのお問い合わせ

■営業時間 9:00~19:00

■定休日 毎週月曜日・第1火曜日・第3日曜日

 

「スポンサーリンク」

あわせて読みたい

シェアよろしくお願いします!

”ご予約はこちらから”

ご予約はこちらのボタンから。電話、ウェブ予約、LINEからご予約いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

美容室ウプス店長で、美容やパソコン、ドライブ、京都や大阪、スタ―バックスが大好きな石川県小松市在住の美容師で「Oops!」という美容室をやっています。
あちこち出かけたりしてブログなど書いてます。よろしくお願いします!