ヘアカラーのリタッチってどういう意味?わかりやすく書いてみました。

「スポンサーリンク」
2014-1026-2

こんにちは、美容室ウプスです。

ヘアカラーに関して「リタッチカラーって何?」って多く質問をいただきます。

そこで、改めてリタッチカラーについて書いてみましたので参考まで。

リタッチカラーとは?

リタッチカラーとは、ヘアカラーの技術のひとつで伸びた根元の部分だけを染めるカラーリング方法です。

イメージとしては、この図をまず見てください。↓

2014-1126gif

前回カラーリングして、1ヶ月も時間が経つと髪は約1cmほど伸びて来ます。

その時の状態が上の様な感じになっていると思います。

根元が黒く伸びて来て前回染めた部分と色が分かれて来ます。

 

まぁ、1cmほどの伸びならまだいいのですが2ヶ月も経つと根元は2cm以上は伸びています。

そうなると、根元と毛先の髪色の差がもっとついてしまいます。いわゆる「プリン」状態ですね。

 

それを解消するのに、前回染めた同じ色を使って伸びた根元の黒い部分だけを染めて前回の色ときれいになじませるカラーリングが「リタッチカラー」と言うわけです。

下の図の様に、根元の髪を染め直して色がきれいに統一する事をそう呼んでいます。根元だけを染めるカラーリングです。

2014-1126gif2

リタッチカラーは、根元のカラーリングと覚えていただければOKです。

 

リタッチカラーの良い所は

  • 根元だけを染めるのでムダが無い
  • カラーリングの時間短縮
  • 金額が安い場合がある

などの利点があります。

 

ただ、この方法はご自分で染める「ホームカラー」には適さない方法なので美容室ならではのカラーでもあります。

白髪染めの場合、よくリタッチで染める事が多いです。

 

困った問題も

でも、リタッチカラーの場合前回染める時に使用したカラー剤がわからないと困った問題が起きます。

それは、根元の色だけを染めるわけだから前回と違う薬剤で染めると色が合わなくて「あれ?」っていう事が起きる場合があります。

同じお店でリタッチカラーを利用すればいいのですが、たまたまお店を変えたりした時に前回の使用薬剤がわからないと色を合わせるのが難しい時があります。

 

白髪染めの場合は、そうでもないのですが少し明るめのカラーリングされている場合は同じ色が出ない時があり、色の段差が出る場合があります。

一口にオレンジブラウンと言っても、メーカーによっては色味が全然違います。だから、色が合わずに段差がつく時があります。

 

なので、前回使用したカラー剤がわからない場合は根元から毛先まで全部カラーリングする事になります。

そうすれば、色の統一も出来るのできれいに染める事が出来ます。

そうなるとリタッチカラーじゃなくなるんですけどね。

 

まとめ

リタッチカラーについてあれこれ書いて来たのですが、わかっていただけたでしょうか。

リタッチカラーは、伸びた根元を染めるカラーリング方法という事で根元の色を染め直して色を全体に統一させる事。

 

メリットとしては

  • 根元だけを染めるのでムダが無い
  • カラーリングの時間短縮
  • 金額が安い場合がある

などの利点があるカラーリングです。

 

ちなみに、リタッチカラーの反対語は「フルカラー」「オールカラー」と呼ぶ事が多いです。

 

でも・・・

ウプスの場合なんですが、最近はリタッチカラーをしないで「フルカラー」にする場合が多いです。

じゃー、長くなったので次回はそのあたりのお話をしたいと思います。

 

では。。

 

「スポンサーリンク」

あわせて読みたい

シェアよろしくお願いします!

”ご予約はこちらから”

ご予約はこちらのボタンから。電話、ウェブ予約、LINEからご予約いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

美容室ウプス店長で、美容やパソコン、ドライブ、京都や大阪、スタ―バックスが大好きな石川県小松市在住の美容師で「Oops!」という美容室をやっています。
あちこち出かけたりしてブログなど書いてます。よろしくお願いします!