ご予約はこちら

研修旅行inソウル。2日目。

ソウル2日目の朝は6時前に起床。

なんとなく目覚めてしまったので、ササッと身支度してホテル近くのスターバックスへ。

ソウルにはいたる所にスターバックスがあって、スタバ好きの自分にはありがたいです。

ムラサキさんを誘って、2人で早朝のスタバ。7時過ぎにお店に入ったのでお客さんも三人しかいなくて、ほぼ貸し切り状態です。

スイーツは日本では見たことのない珍しい物ばかり。

 

パン類やベーグル類も初めてみるものばかりで、結構充実していています。

 

オシャレな店内で、8時ごろまでモーニングコーヒー。

 

朝ご飯は、明洞で大人気の朝粥のお店

 

朝8時過ぎにスターバックスを出た後、他のみんなと合流して朝ごはんを食べにホテル近くの朝粥のお店へ。

店内はすでに満席に近い状態のお店。

運よく、自分達5人の席が空いていてラッキー。

このお店は、明洞では知らない人がいないというぐらい有名なお店でガイドブックにも必ず掲載される有名店。

 

自分達が食べたお粥は、ブロッコリーとエビのお粥。

付け合わせの小鉢もおいしく、朝から体が喜んでいます。

 

ご飯を食べ終えてお店を出たら、外はこんな行列が出来ていました。

早く来て良かった!!

 

故宮 景福宮(キョンボックン)

 

朝粥を食べた後は、地下鉄で故宮「キョンボックン」へ。

韓国を代表する故宮のひとつで、朝鮮時代の正宮として栄えたところだそうです。

 

内部はこんな感じで、色使いが斬新でとてもきれいでした。

 

ちょうど到着した時に、守衛さんの交代式に遭遇していい体験が出来ました。

朝10時と午後2時にこの交代式がある様で、周りには人垣が出来るほどの人気でした。

 

北村韓屋村

 

キョンボックンを後にした自分たちは、歩いて次の目的地「北村韓屋村」へ。

 

ここは昔の韓国の民家の様子が残る町並みで、今も普通に生活をしている生活ゾーン。

小高い丘に面して家が建っていて、結構坂も急なところがあちこちに。

 

大きな声を出したらダメな場所なので、みんな静に町並みを散策していました。

なかなか雰囲気がありますね。

 

たくさん歩いたので、その後はお昼ご飯。

本当は予定していたお店があったのですが、そのお目当ての店舗は移転したようで別のお店になっていました。

その為、そのお店は断念して急きょスターバックスでお昼にしました。

スタバの入っているビル

 

ここのスターバックスはソウル一大きなスタバで、1階と2階にお店があります。

 

まぁーとにかく大きなお店で、見渡す限りがスタバです。

いくつかのゾーンに分かれていて、とっても楽しいスターバックス。

カウンターが長い!!

 

韓国のスタバはどこのお店へ行っても、普通のコーヒーが無いんです。

普通のドリップコーヒーが無くて、コーヒーと言えば「アメリカ―ノ」になる様でした。

そこだけがちょっと残念。

 

東大門へ移動

 

スタバでランチを済ませた自分たちは、東大門(トンデムン)へ移動。

東大門(トンデムン)は洋服の問屋さんがある街で、バイヤーさんがたくさん出入りする町なんだとか。

その為、眠らない町っていうイメージだそうで24時間やっている問屋さんや飲食店が多いそうです。

▲ここは「DOOTA MALL(ドゥータモール)」。

問屋さんが入っているファッションビルで、一般の人も市価より安く買えるので多くの人が出入りします。

 

 

そして、東大門(トンデムン)のランドマーク「DDP」がスゴイです。

東大門デザインプラザという名称のとんでもなくオシャレな建築物。

幾何学模様の様な形をした巨大な建物で、中にはミュージアムや文化的な催しが行われています。

夜になると、ライトアップされてそれは幻想的できれいです。

必見ですよ。

 

夜ご飯はプデチゲ

 

今日は一日中良く歩いたので、お腹がペコペコ。

2日目の晩御飯は、プデチゲのお店「キムサムボ」。

レトロな雰囲気のお店ですが、トンデムンでは有名なチゲのお店でこの後満席になりました。

 

キムチベースのキムチ鍋にラーメンが入ったプデチゲ。

白菜、豆腐、豚肉、ハムなどが入っています。

グツグツと煮えてくると、辛そうな鍋の完成です。

結構辛くて、これぞソウルというお味。

ジャンボな玉子焼きも注文して、みんなでシエアー。

釜飯もあって、お腹がいっぱいになりました。

 

眠らない町ソウル

 

食事のあとは、頑張ってもう一か所。

ソウル市内にある、ソールタワーへ観光に行きました。

ソールタワーは明洞駅からも近い観光地で、夜遅くになっても人がいっぱいです。

ちょっとした小高い山の上にソールタワーがあるので、ケーブルカーでタワーまで行きます。

ライトアップされて、夜はきれいですね。

 

タワーのふもとには、鍵のツリーがあります。

これは、ここへ来たカップルが「離れませんように」と言って鍵を付けていくんだそうです。

それが積もり積もって、こんなツリー型のカギツリーになったそうです。

日本の絵馬の様な感じですね。

 

眠らない町ソウルって本当で、深夜12時過ぎても人がわんさかいます。

屋台は11時ごろからボチボチ片づけが始まるのですが、デパートやお店は深夜まで開いているので何時になっても人がたくさん。

みんないつ寝るんですか?って聞きたくなるほど。

こうして二日目が終わりました。

 

研修旅行inソウル。1日目。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください