今日の気になるニュース。薄毛になるメカニズムが解明。

「スポンサーリンク」
2016-205-2

 

今日の朝、日テレのZIPから流れてきたニュースで気になるニュースがあったのでネットで調べてみました。

そのニュースと言うのが、これで

年をとるとなぜ薄毛になるのか・・・仕組み解明

という、髪に関するニュースです。

 

記事によると、

東京医科歯科大学の研究チームが、髪の毛を生み出す細胞を作る「毛包幹細胞」についてずっと調べていると、年齢と共に「毛包幹細胞」の機能が低下する事が分かったそうです。

 

この幹細胞は若い内はどんどんと活発に働き、髪が抜け落ちても新たな髪を作って送り出しているものが年をとって来ると働きも悪くなり、幹細胞自身がフケや垢となって皮膚から抜け落ちるようです。

その為、「毛包幹細胞」が次第に少なくなり髪がだんだんと作られなくなり、しまいには薄毛になっていくんだとか。

 

このヘアサイクルは男女に関係なく、薄毛になりにくい女性でも幹細胞の働きは年齢と共に落ちる事もわかったそうです。

 

で、この幹細胞を活発にする物に「17型コラーゲン」という物質の存在が分かったそうなんですが、この17型コラーゲンは頭皮に直接塗ったりコラーゲンを多く含む食品を食べても17型コラーゲンが増えるわけではないみたいです。

残念!!

 

今後は、5年~10年ほどかけて薄毛治療の新薬を開発していくそうなので、今後に期待ですね。

 

 

この他にも、いろんな研究チームが薄毛に関して研究しています。

もう何年かすると、本当に薄毛のメカニズムが解明されて「フッサフサ」になれる時代が来るといいですね。

 

「スポンサーリンク」

あわせて読みたい

シェアよろしくお願いします!

”ご予約はこちらから”

ご予約はこちらのボタンから。電話、ウェブ予約、LINEからご予約いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

美容室ウプス店長で、美容やパソコン、ドライブ、京都や大阪、スタ―バックスが大好きな石川県小松市在住の美容師で「Oops!」という美容室をやっています。 あちこち出かけたりしてブログなど書いてます。よろしくお願いします!