[新色カラーレビュー] イゴラロイヤルピクサムF、クールベージュを試してみた。

「スポンサーリンク」

こんばんは、小松市の美容室ウプスいすです。

今日はうららかな本当に良いお天気で、きれいな青空が広がっていました。

つい最近まで、雪がビュービュー降っていたのでありがたい貴重な1日でした。

 

さて、先日来お伝えしているこの春の新色ヘアカラー「イゴラロイヤルピクサムF」。

ベージュに特化したベージュカラーで、ベージュ系で8色の色味があるカラー剤です。

今、継続的にこの新色カラーを試しているのですが、今回は「クールベージュ」という寒色系ベージュに挑戦してみました。

 

クールベージュ

 

このクールベージュという色味は、どちらかといえば寒色系色味でブルーやグレーといった感じに寄せたベージュ系色味。

ややこしいのですが、温かみのあるベージュよりちょっとクールなイメージの色が楽しめるカラーです。

 

本日、この色を試してくれるのはスタッフあおいさんの友人のいくちゃん。

ビフォーアーはこんな感じのカラーで、前回は暗めのアッシュカラーをしてあります。

前回のカラーリングは11月だったので、いい感じに退色して落ち着いたブラウンアッシュといった感じです。

 

彼女の髪データは、髪の量が多くクセもある髪質。毛先はだいぶ以前ブリーチしたところが少し残っています。

この髪に、これから新色のクールベージュでカラーリングしていきます。

 

まず、いつもの様にシャンプーをしてから始めます。

根元のリタッチから開始です。根元が約3㎝ほど伸びているので根元のカラーリングをします。

 

いつもながら、本当に匂いは穏やか。ツンツンした匂いが感じられません。

 

根元のカラーが終わると、次に中間から毛先にクールベージュを塗布していきます。

当然、毛先の方はダメージにつながらない様に薬剤をコントロールして塗布するのはお約束。

 

同じクールベージュですが、根元の薬剤と変えて毛先は塗布します(キリッ)

 

根元・中間・毛先とカラーリングが終われば、このようにラップをして放置タイム。

 

ちなみに、ラップをするのは、カラー剤の乾燥を防ぐのと温度を一定に保つ作用とあります。

 

こまめに色の入り具合をチェックして、希望の色が入ったならシャンプー&トリートメント。

カラー剤が残らない様に、きれいにシャンプーします。分かりづらいかも知れませんが、根元の方の色がきれいに出ていますね。

 

シャンプー&トリートメントが終われば、最終工程のブロードライです。

根元を中心にドライして、毛先の方へと移っていきます。

 

乾燥させない様に、洗い流さないトリートメントで保湿してからドライする習慣をつけましょう!!

 

さぁー、きれいにドライ出来たようですね。仕上がりです。

 

クールベージュの8番の仕上がりは、こんなきれいな色味になりましたね。

 

このイゴラロイヤルピクサムFですが、従来のイゴラのカラー剤と比べると色味がハッキリ・クッキリ出る印象です。

ツヤもまとまり感もあるカラーなので、きれいなツヤも出てくれます。

 

今回も、いい感じで仕上がってくれてよかったです。

正式導入はまだ少し先になる予定ですが、ベージュ系カラーの幅が広がるのでいいですよね。

 

では、引き続きまたレポートします。

 

【関連記事】

春の新色ヘアカラー「イゴラロイヤル ピクサムF」。ハニーベージュをオン。

春のベージュ系新色「イゴラピクサム」のファーストインプレッション。

この春の新色「ベージュカラー」のサンプルが大量に届いてビックリ!さて、誰に使おうかな?

「スポンサーリンク」

あわせて読みたい

シェアよろしくお願いします!

”ご予約はこちらから”

ご予約はこちらのボタンから。電話、ウェブ予約、LINEからご予約いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

美容室ウプス店長で、美容やパソコン、ドライブ、京都や大阪、スタ―バックスが大好きな石川県小松市在住の美容師で「Oops!」という美容室をやっています。
あちこち出かけたりしてブログなど書いてます。よろしくお願いします!