久しぶりにみんなきれいな髪色になりました。

「スポンサーリンク」

先日の営業終わりに、スタッフみんなでヘアカラーをしました。

自分は、いつもの様にブリーチをしてキンパツになったんですが、みんなそれぞれ好みの色でカラーリングしていました。

 

おしゃれ日という名の髪をきれいにする日

 

1ヶ月に1回か2ヶ月に1回の割合で実施している「おしゃれ日」。

この日は、みんなカットをしたりカラーリングをしたりパーマをかけたりと、何をしてもいい日になっています。

 

自分は、いつもの様にブリーチしてキンパツになりました。

たまに、「その色はなんという色ですか?」って外で聞かれる事があるのですが、これは髪をブリーチしただけの色です。

正確には、髪色を脱色した色ですね。

 

通常、カラーリングをしていない黒い髪をこうしてブリーチ剤で色を抜いていくと、黒→茶褐色→オレンジ→黄色(キンパツ)→白という具合に色味が変化します。

髪色を抜いていくので、理論上は色素のない状態の白色に近づくのですが、現状では黄色までの状態で色抜けは止まる事が多いです。

自分も根元付近はキンパツの黄色で、繰り返しブリーチしている毛先はやや薄い黄色という感じです。

 

ですので、自分のこの髪色は色が抜けた状態なんですよ。

 

 

そして、スタッフすえさんです。

実は、すえさんも自分と同じブリーチ毛です。

そのブリーチ毛に、好みの色をカラーリングしているんですよ。

 

今回、すえさんが選んだ色はミルボンの新色「アディクシー」から「グレーパール」というグレー色のカラーです。

こんな↓感じで、濃いグレー色に仕上がりました。

 

ブリーチ毛にして一旦、黒髪の色を脱色してあるのでこんなきれいなグレーの様なグリーンの様な色になります。

これ、去年のすえさんの髪色ですがこの時は「むらさき色」でした。

これなんて、ブリーチしてからの髪じゃないとこんな色にならないですからね。

 

今回のカラーリングは、保育園の遠足をひかえているのでおとなしめの色にしたそうです笑

 

そして、スタッフあおいさんですが、この色はやはりミルボンの新色から「フェミニティーピンク」。

春らしいピンク色が希望だったので、新色ピンクにしました。

 

ピンク色って、実は退色が早い色なんですよ。

というのも、自然界にはピンクという色がないからなんです。

 

自然界の色って、その昔、学校で習った記憶があると思いますが「光の三原色(赤・緑・青)」から出来ていますよね。

最近はめったにお目にかかれなくなりましたが「虹」もそうです。

虹の色は、外側から内側にかけて「赤・橙・黄・緑・青・藍・紫」と7色です。

ほら、ここにはピンクがないでしょ?

 

ピンク色って赤い光と青い光が重なるとピンクっぽく見えると、脳が勝手に思い込んでいるんだとか。

ピンクを感じられるのは、人間だけなんだそうです。(あたりまえか笑)

 

だから、ピンク色の退色が早いんですよ。だって、ピンクってないんだもん。

でも、ミルボンのピンク色は退色が緩やかなので、他のピンク色よりも長くピンクを楽しめるって事で、ありがたいカラー剤です。

 

と、こんな感じで自分達も色を楽しんでいます。

では、また。

「スポンサーリンク」

あわせて読みたい

シェアよろしくお願いします!

”ご予約はこちらから”

ご予約はこちらのボタンから。電話、ウェブ予約、LINEからご予約いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

美容室ウプス店長で、美容やパソコン、ドライブ、京都や大阪、スタ―バックスが大好きな石川県小松市在住の美容師で「Oops!」という美容室をやっています。 あちこち出かけたりしてブログなど書いてます。よろしくお願いします!