職人技!玄関ドアの修理に家具屋さんが来てくれました。

「スポンサーリンク」

こんにちは、美容室ウプスいすです。

ずっと以前から玄関ドアの建付けが悪くて困っていました。

経年変化で玄関ドアに隙間が出来てことで、そこへ風が巻き込まれると「ピューピュー」って音がするんです。

これが結構大きな音で、気が付いていたお客様もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

その玄関ドアの修理に、近所の家具屋さんが修理に来てくれました。

 

 

重量のある玄関ドアは経年変化が出やすいみたい

 

玄関ドアって外に付いている物なので、雨やお日様や風などにまともにさらされることで内部のドアより経年変化が出やすい部分。

さらに中の部屋のドアより大きくて重量もあるのが玄関ドアなので、重さでゆがんだりしやすいそうです。

その為、建付けが悪くなってしまい、開けにくくなったりギーギー音が出たりするようです。

 

ウプスの玄関ドアも、数年前から建付けが悪くて困っていましたがどうやらきれいに直ったみたいです。

 

 

 

余分な隙間が出来たせいで風が吹き込み音が出る様になったドア。

その隙間を調整するために、ドアのヒンジにかませ物をして隙間を埋めていきます。

上と下でかませ物の厚みを変えて、ちょうど良くなるように調整していきます。

 

修理以前は、肉眼でも隙間が確認できたのに修理後は隙間もきれいに取れて快適快適。

なんでもそうですが、その道のプロの技は鮮やかですね。

これでしばらくは安心ですね。

「スポンサーリンク」

あわせて読みたい

シェアよろしくお願いします!

”ご予約はこちらから”

ご予約はこちらのボタンから。電話、ウェブ予約、LINEからご予約いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

美容室ウプス店長で、美容やパソコン、ドライブ、京都や大阪、スタ―バックスが大好きな石川県小松市在住の美容師で「Oops!」という美容室をやっています。
あちこち出かけたりしてブログなど書いてます。よろしくお願いします!