お待たせしました。5/7より営業再開しました。

【朗報】かぶれにくい白髪染め「ノンジアミンカラー」の赤みを取る裏技があった件。

こんにちは、小松市の美容室ウプスいすです。

以前、このブログで頭皮の敏感な人に「かぶれにくい」白髪染めのご紹介をさせていただきました。

■↓↓↓

頭皮の敏感な方や、これから敏感になりそうな方にこんな商品もあります。

 

かぶれにくいヘアカラー、「ノンジアミンカラー」です。

 

このブログ記事をご覧になって、このヘアカラーを指名されるお客様が増えて来ていてありがたい限りです。

それほど、最近はそういう肌に優しい商品が選ばれる時代になって来たんですね。

 

ただ、このかぶれにくい「ノンジアミンカラー」は頭皮に優しくていい商品なのですが、その製品の特長として仕上がりの色味が少し赤くなってしまうのがちょっと難点です。

頭皮が敏感なお客様に大変喜ばれている商品なだけに、もう少し赤みを抑えてきれいなブラウンに出来ないかなって思う事数か月。

何かいい方法は無いかなって思っていたら、ついにその方法と出会ってしまいました。

 

赤みを打ち消す青いトリートメント

 

その方法が、「青いトリートメント」を混ぜる!!です。

 

普通のヘアカラーなら、赤みを打ち消すのには青色系やグリーン系のヘアカラーをミックスすれば赤みが和らいでくれます。

これは「補色」という技術なのですが、色をミックスすることで特定の色味を消し去る技です。

 

■補色についての参考記事

秋冬の新色「ヘルシーシナモン」と「アッシュカラー」で赤味を取ってきれいなアッシュベージュに。

 

ところが、ノンジアミンカラーの白髪染めってこの1本しかなくて、グリーンやブルーのノンジアミンカラーが無いんです。

普通のヘアカラーをノンジアミンカラーにミックスしてしまうと、それはもうノンジアミンカラーでは無くなるのでそれはできません。

なので赤みを打ち消すのに困っていました。

 

そこで見つけたのがこの「青いトリートメント」です。

青いトリートメント

青いというよりぐんじょう色です

 

ノンジアミンカラーにこの青いトリートメントをミックスしてあげると、赤く仕上がっていたヘアカラーの赤みがきれいに消えてくれました。

もちろん、トリートメントなので髪にもやさしく頭皮にもやさしいといいことづくめです。

 

青いトリートメントを混ぜると、こんなすごい色になってしまうのですが髪が染まるパワーに変わりはありません。

 

何人かのお客様に試していただいたのですが、結果は上々でいい感じです。

 

今後、この青いトリートメントが活躍してくれそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください